かたつむり会とは



OB・OGの会「かたつむり会」


◆「かたつむり会」発足

 長い事OB会が存在しなかった横浜蝸牛山岳会でしたが、70周年を控えた平成20 年3月15日にOB・OG会の発足と相成りました。OB・OG会は「かたつむり会」 という名称で現役の「横浜蝸牛山岳会」とは別組織となります。

2008年11月13日



◆新役員体制決定

 「かたつむり会」の会長をしておりました川口好明氏は平成23年9月にご逝去されました。 平成23年11月のザイル祭において故川口会長を偲ぶ会が執り行われました。
 平成24年10月13日に土合山の家で行われた総会において、前副会長の松川元紀氏が二代目会長となりました。 それに伴い、新副会長に井上徹三氏、安部会計委員が退会したことにより、新会計に池ヶ谷庄一氏が後任と決まりました。

2012年10月13日



◆カタツムリ会発足時の故川口好明会長の挨拶


「かたつむり会」発足にさいして
か た つ む り 会
会 長  川 口 好 明

 2008年3月15日、秦野の神奈川県山岳スポ―ツセンターにて「かたつむり会」発 足式が行われました。発起人の方々の努力により40名ほどの参加を得て、盛会のうちに 終えることが出来ました。
 山を愛し、「かたつむり」を愛した方々の熱気に包まれた楽しい会合でした。年寄りはと もかくとして、新人・現役・中年の層の厚さを感じました。
 今年の8月にはヒマラヤ遠征、そして来年は「横浜蝸牛山岳会」の70周年と、大きな 節目になります。OBとしてなにが出来るか、皆さんと考えていきたいと思います。
 事務局のほうから、「ヒマラヤ行き」壮行会、秋の「ザイル祭」などご案内があると思い ますが、皆様のご理解とご参加を宜しくお願い申し上げます。



◆「かたつむり会」発足時のお知らせ


平成20年4月吉日
横浜蝸牛山岳会OB・OG各位
かたつむり会 会長 川口好明

 横浜蝸牛山岳会OB・OGの皆様方には、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、先に本会OB・OG会の発足式のご案内をいたしましたところ、当日は約40名の参加を得て「かたつむり会」を発足することになりました。 ここに、発足式にご出席及び近況報告を頂いた方々に感謝申し上げますとともに、下記により当日のご報告と「かたつむり会」への加入をご案内いたします。


1.「かたつむり会」発足について(上記参照)

2.会則の決定について(報告)
  発起人から、「設立70周年を迎える本会において創設者のご逝去やOB・OG間のヨコ、OB・OGと現役間
 のタテの繋がりが必要ではないか」と設立趣旨が説明された後、会則の検討が行われ、活発な意見交換
 を経て同封の会則が了承されました。 なお、主な議論は次の通りです。

 @ 第2条(所在地)関係
   会則は「会の事務所は会長宅に置く」ことで了承されましたが、実務面から「井上氏宅」に置くことに
   しました。
 A 第4条(事業)関係
   会員の高齢化に伴う葬祭の対応が提案されました。しかし、会員の加入状況(財政状況)が不明な
   こともあり、これらの対応は役員に一任されました。
 B 第5条(役員)関係
   次の方々が就任することになりました。
    ◎会   長 川口好明氏  ◎副 会 長 池崎友行氏
    ◎総務委員 和田善次氏  ◎会計委員 安部浩章氏
 C 第8条(会員資格)関係
   加入しやすいよう「横浜蝸牛山岳会への在籍年数は問わない」ことになりました。
 D 第9条(入会)及び第12条(会費)関係
   入会金及び年会費は2,000円とし、入会希望者は「申込書」に代えて「会名義の預金口座に入金」
   することにより、入会扱いとすることになりました。 なお、事務整理の関係上、入会希望者は事務局
   に連絡方、よろしくお願いします。
 E その他
  ア)70歳若しくは80歳以上の会員に対する会費免除が提案されましたが、今後の検討課題(2年後メ
    ド)になりました。
  イ)「かたつむり会」ホームページの開設(検討中)
    事務局からの連絡は郵送で行いますが、現在、横浜蝸牛山岳会ホームページ内に「かたつむり会」
    の窓口開設を検討してもらっており、今後の連絡事項は極力同ホームページに登録したいと考えて
    おります。現役の活動状況とともに、是非閲覧して下さい。

3.発足会の会計報告及び入会金の扱い
   次により取り扱いますので、ご了承をお願います。
 (1)発足会の会計報告
    別添の「かたつむり会現金出納帳」により報告します。なお、懇親会費3,000円の残金については、
    当日の連絡費や写真代、今後の運営費に充当します。
 (2)入会金又は年会費の領収書の扱い
    発足式での入会者およびその後の新規加入者の方々への領収書の発行に関しては、諸経費節減
    の為、別添の「かたつむり会現金出納帳」の報告により領収書の発行に代えさせて頂きます。
    なお、入会金又は会費の振込口座は、別添を参照して下さい。

以 上




('13-02/16 更新)